企画展のご案内

企画展

当美術館では年1〜2回、別館展示室にて特別企画展を開催しています!
また、別館展示室を貸会場として提供し、一般市民の皆様による展覧会も開催します。
その他、第7展示室では年に3〜4回、収蔵作品による企画展を開催しています。

 

 

現在開催中の小企画展

長島美術館収蔵品による
 
日本近代絵画の巨匠T
 
 藤島武二と東郷青児
 
・開催期間
  2017年9月10日(日)-12月3日(日)
・休館日
  毎週火曜日
・開催時間
  9:00-17:00(入館は16:30)
・会場
  長島美術館 第7展示室

 

・料金
  一般1000円/高大生800円
  小中生400円/シニア(65歳以上)500円
  ※常設展6室もすべてご覧頂けます。常設展案内はコチラ
  (団体20名様以上は2割引 ※シニア除く)

 

 

内 容

 この度、鹿児島市出身の画家であり、今年生誕150年を迎えた藤島武二と生誕120年を迎えた東郷青児の作品をご紹介
いたします。
 藤島武二は、中学の頃から日本画を学び始め、後に洋画研究のため曽山幸彦に師事し、1905年に4年間留学しました。
パリでフェルナン・コモン、イタリアでカロリュス・デュランに指導を受け、帰国後アールヌーボーの 影響を受け、
独自の装飾的画風を築き上げ、藤島武二は明治浪漫主義を代表する作家といえます。
 晩年には宮内庁から、昭和天皇即位を祝い学問所に飾る油彩画制作がきっかけで日の出の連作に挑み10年かけて完成
させました。
当館所蔵の「日の出」もその中の1枚です。そして1932年最初の文化勲章受章 者の一人でもあります。
 東郷青児は、甘美な女性像で知られる洋画家です。1916年、19歳の時に西洋の新しい美術を志向する日本の画家たちが集まっていた二科展で、最高の二科賞を受賞。1921年から7年間フランスへ留学し、 帰国後は二科展で活動しなが
ら滞仏経験を活かした文筆や壁画、挿絵、装丁で人気を博し、80歳で亡くなるまで洋画界に大きな足跡を残しました。

 

 本展覧会では、2人の巨匠による女性像や風景画など油彩、水彩、パステル、鉛筆等で描かれた作品をお楽しみ下さい。   

 

冬の特別企画展

     
     シンプルの正体
      ディック・ブルーナのデザイン展
 

 

 

 
・開催期間    2017年12月16日(土)-2018年1月21日(日)     
・休館日                期間中無休     
・開催時間    9:00-17:00(入館は16:30)
          ※初日は10:30〜、元日は11:00〜、1月20日は19:00まで(入館は18:30)
・会場      長島美術館 別館地下展示室     
・料金      一般800円(前売り600円)/高大生600円/小中生300円
          (団体20名様以上は2割引)

イベント
 
 ・読み聞かせ   「子どもの本かごしま」の皆様による、ミッフィーの絵本の読み聞かせ
                             日時:12月23日(土) 14:00〜 別館地下ホールにて
 
ガイドツアー       当館スタッフがディック・ブルーナの世界を紹介
                            毎週日曜日14:00−(1月21日は除く) 別館地下展示室にて
 
           ※申込不要、無料。(ただし当日入館券が必要)

内容

ディック・ブルーナが求め続けたスタイル「シンプル」の正体に
迫ります

 
   絵本「ミッフィー(うさこちゃん)」シリーズで知られ、2017年2月に惜しまれながら亡くなったオランダ
人絵本作家、ディック・ブルーナ。
グラフィックデザイナーとしての顔ももつブルーナは、ペーパーバックシリーズ「ブラック・ベア」を代表と
する温かみのある名作を数多く残してきました。作品に共通する特徴は「シンプル」であること。余分なもの
を極力削ぎ落としつつ、独自のユーモアや情感を織り込む「シンプルさ」が常に作品に潜んでいます。本展で
は、ブルーナのデザイン作品を線や色、形などテーマに分けて紹介します。なぜブルーナは、シンプルである
ことにこだわりつづけたのでしょうか。展示作品を通してその正体を探ります

 

約60年かけてつくりあげてきた約500点の作品を展示します

 

   ディック・ブルーナは、父が経営する出版社でグラフィックデザイナーとして、数多くのペーパーバックの表紙やポスターを手がけてきました。その後、アートディレクターを経て独立し、絵本制作に専念することになります。本展ではこれまでの作品を振り返り、200冊を超えるペーパーバック、約40点のデザイン原画やスケッチ、ミッフィーやボリスなどの絵本原画約30点にポスターの複製などを加えた約500点を展示し、ブルーナの「シンプル」を紹介します。
 また、「シンプルの明日」というテーマで、日本のデザイン界で活躍する気鋭の4組(KIGI/groovisions/中村至男/ミントデザインズ)が、グラフィック、プロダクト、ファッションなどのジャンルで、ブルーナ作品からインスピレーションを受けた新作を発表します。
 作品を際立たせる「シンプル」の正体とは何か、本展でその魅力に迫ってみてください。
 

 

 

プロフィール
 

  Dick Bruna ディック・ブルーナ

 

  1927年、オランダ・ユトレヒト生まれ。家業の出版社でデザイナーとして働き始め、

 2,000冊を超す「ブラック・ベア」シリーズのペーパーバックの装丁やポスターのデ

 ザインを手がける。1953年に初めての絵本『de appel(りんごぼうや)』を発表し、

 以来124冊の絵本を生み出した。「ミッフィー(うさこちゃん)」シリーズは世界的

 なベストセラーに。

   2017年2月16日、ユトレヒトにて逝去。享年89歳。

 

 

会場構成

 

1章「心をとらえるシンプル」

  「ユーモラスな線」「おしゃべりな色」「大胆な省略」「リズミカルな反復」をテーマに、ペーパーバック

 やイラスト原画、ポスターなどを展示します。

 

2章「想像力をひきだすシンプル」

  「空想をうみだす形」「動きだす絵」「空間をつくる線」「知らせる色」「ささやかな幸せをつたえる

 言葉」をテーマに絵本作品の魅力をお伝えします。

 

3章「シンプルの明日」

  日本のデザイン界で活躍する気鋭のクリエーター4組が、ブルーナ作品からインスピレーションを受けた

 新作を展示します。

 

カタログ&グッズ

ブラック・ベアやミッフィーなどブルーナ作品をあしらった限定グッズを多数販売します!

        


TOP 概要 企画展 展示案内 グッズ 喫茶室 アクセスマップ ボローニャ展